tr?id=116153799104806&ev=PageView&noscript=1

ブログBlog

シンガポール日系ヘアサロン☆頭皮、髪の毛の知って得するお悩みQ&A☆ヘナって何?

[STAFF] 投稿日時:2017/12/26(火) 13:00

こんにちは!
シンガポールにある日系サロン「MICHAELA」
スタイリスト長塚健太です。

☆頭皮、髪の毛のお悩みQ&A☆


基本的にカラーするときに使われる染毛剤は大きくわけて2種類
ファッションカラーと呼ばれる[アルカリカラー剤]
酸性染毛剤と呼ばれる[マニキュア]



実は[ヘナカラー]はこの「マニキュア」と染まり方が全く一緒のものです。
何が違うかというと「原料」です。

ヘナは原材料に植物性のものを使用しているマニキュアのことを
総称してそう呼んでいます。

ファッションカラーはアルカリ剤を用いて髪の色素を抜くことができます。
そして別の色素を入れ込みます。
なので明るくすることが可能です。

それに対してマニキュアはイオン吸着といって
髪の毛の表面に色素を吸着させて発色させます。



なのでダメージはありませんが
黒い髪の毛には
黒い画用紙に色を塗るようなものなのでほとんどわかりません

なのでもともと白い髪は染まります。
そして表面に付着させるだけなので色もちは
2~3週間です。

それに対してファッションカラーは髪内部に入れ込むので
扱い方やシャンプー、髪の毛の状態に大きく左右されますが
1カ月半~2カ月です。

どちらがいいとは一概には言えずライフスタイルによると思うのですが
ヘナ、マニキュアをされる場合には必ず1度美容師さんに相談するのがマストでしょう。

一回だけなら....
そんな気持ちでマニキュアセルフカラーをし
いざとなって明るくできないのもマニキュアの特徴です。
大体みなさん暗めの色をチョイスされるので
次に明るくするときは確実にブリーチをしなければなりません。

くれぐれもお気を付けください。