KOJI ENDO | シンガポール美容院・美容室<MICHAELA>

ブログBlog

確実な成長を

投稿日時:2018年07月02日 15:00
テーマ:サロンニュース
スタッフ:KOJI ENDO

MICHAELAディレクターの遠藤です。
MICHAELAでは現在3人のシンガポーリアンのアシスタントが 勤務しています。

前のブログでもご紹介させていただきましたが、少しずつではありますが、確実な成長をとげ、
お客様からもお褒めの言葉を多数いただいております。本当にうれしい限りです。

忙しい時間帯はお客様と1対1で接客をしてもらうので、覚えてもらうことも沢山で、1つずつマスターできるよう マニュアルを作成し、この先どんな子がサロンに入社しても同じ教育が出来るようにしていく準備をアシスタントの みんなと一緒にやっています。

教えることも多いですが、教わることもまたあり、習慣や考え方を考慮しながら 進んでいる現状ですが、毎日楽しんでます。




写真はパーマのお客様を任せていくための練習風景です。
どこに気を付けながら、お薬をつけていくのか?
薬剤がこぼれないターバンの巻き方、変え方など共通して出来るようになるための勉強会です。

アシスタントの成長はMICHAELA全体の成長なので全員でしっかりと取り組んでいきます。 ご来店の際は成長したアシスタントの姿も楽しんでいただけると幸いです。

遠藤

日々進化

投稿日時:2018年06月01日 15:00
テーマ:サロンの日常
スタッフ:KOJI ENDO

ミカエラディレクターの遠藤です。

現在ミカエラでは、新しいメニューを定期的にお客様にご提供できるように日々スタッフで研究、検証を続けています。
現在あるメニューも自分達で考え出来たものですが、より良いものをご提供できるよう常に改良しています。
これは、メニューだけではなく、カットの仕方、考え方全てが進化していくこと、その時々の最高をお届けできるように MICHAELAは走り続けていきます。

新しいメニューですが、MICHAELAには女性だけではなく、男性のお客様も多くご来店いただいております。
日本より髪やお肌のコンディションを保っていくのが難しいこのシンガポールで、女性は紫外線や、汗、頭皮のコンディションに敏感な 方々を多くおみかけしますが、男性はあまり変化に気づかず、ゴルフや、アウトドアを繰り返している方が多いです。

男性も肌を焼きすぎれば、それだけ、肌年齢が増し、数年後になんか老けたね?なんて言われてしまうかもしれません。

今回はそんなシンガポールで疲れた頭皮とお肌を癒せるメニューを研究しています。
6月にはお客様にご案内できると思います。 またサロンにいらした際にごあんないさせていただきますのでよろしくおねがいいたします。




遠藤 浩二

新しいアシスタントがさらに加わりました

投稿日時:2018年05月31日 12:00
テーマ:サロンニュース
スタッフ:KOJI ENDO

ミカエラディレクターの遠藤です。

今回またまた新しいアシスタントが加わりましたので、ご紹介させていただきます。
今回ご紹介させて頂くのはHANA(ハナ)女性のアシスタントになります。
彼女は今までもシンガポールで他の日系サロンでも仕事していたことがあり、日本語は話せませんが、 少し理解することができることと、アシスタント経験が長いので仕事をしているときに気が利くな!!
と思うことも少なくありません。

たとえば、クリーム系のパーマ剤をしようしていると、そっとタオルを置いておいてくれるような 痒い所に手が届くみたいな、キメの細かいやさしさのあふれている素敵な女性ですね。


お客様への気遣いも中々評判が良いです。これからどんどんお客様に関わっていく仕事をまかせていきますので 皆様よろしくお願いいたします。
これでアシスタントも3人になり、MICHAELAも増々いい感じに盛り上がっています。

スタッフ一同お客様にもっと綺麗に素敵にかっこよくなって頂けるように、毎日を楽しみながら成長しながらやっていきます。

遠藤 浩二

新しいアシスタントのご紹介です

投稿日時:2018年05月30日 15:00
テーマ:サロンニュース
スタッフ:KOJI ENDO

ミカエラディレクターの遠藤です。

今回はまた新しいアシスタントが加わりましたのでご紹介させていただきます。
新しいアシスタントのNEZ(ネス)、ミカエラに加わる前はシンガポールにある有名KOREAサロンで サロンワークをしていました。



ミカエラ最年少の21歳です。
彼の加入により一気に平均年齢が下がりました。
自分の若い時を思い出しながら、自分を指導してくださった諸先輩方にあらためて感謝いたします。

私自身、アシスタントの彼等に将来もっともっと上手くなってもらえるように、伝えられるものをしっかと伝えていきます。

NEZが今勉強しているのはドライ。つまり髪をドライヤーを使用して乾かしていくということなのですが、 ここが日本と大きく異なるところかもしれません!!!
通常どんなスタイルも海外(シンガポール)ではブラシを使用してスタイルを作っていくことがあたりまえになっています。
日本でも無いとはいいませんが、現在ではブローではなくドライつまり手で髪を乾かしながらスタイルを作っていく、ハンドブロー が主流になってきていると思います。

より簡単にオシャレに思い通りの髪に近づく様、日本の美容師は技術を高めてきたのだと思います。
簡単なようで奥が深い、ドライとハンドブロー、ここでスタイリングがうまくいくかどうかが大きく変わってきます。

もちろんお客様自身がお家で簡単にいいスタイリングが出来るように、最善は尽くしていますが、やはり理想はお家でも 一度髪を濡らしてドライヤーを使用していただけるのがベストです。

また髪の乾かし方等のレクチャーをサロンでもさせていただいておりますので、詳しくはサロンにいらした際にお尋ね下さい。

遠藤 浩二

ドライヤーで髪を乾かすということ

投稿日時:2018年05月02日 12:00
テーマ:ヘアケア(How to)
スタッフ:KOJI ENDO

MICHAELAディレクターの遠藤です。

今回は髪を乾かすということについて少し書かせていただきます。
シャワーやお風呂の後に髪を乾かす、この暑いシンガポールだとついついさぼりがちになってしまいます。
日本人のお客様は女性であれば、大体80%のお客様がドライヤーをお使いになるとおっしゃっています。


しかし男性になると大体50パーセントのお客様がドライヤーをおつかいにならないそうです。
これが外国人のお客様だと30%から40%くらいまで下がってしまいます。


ではなぜドライヤーで髪を乾かしたほうが良いのか?
ですが、まずドライヤーを使用することで キューティクルが整います。
ドライヤーを使うか使わないかで、手触りは相当変わりますよ。

もう一つはキューティクルが整うことで余計な水分等の流失を防いでくれます。
30代を過ぎてきて髪が弱ってくると髪の中の水分や油分も減ってきます。
髪がパサパサする、軽くなった気がするなどの問題はこのことが原因の一つになっています。

これは男性も女性も変わらないので、きれいな髪でいるためにもぜひドライヤーの使用をおすすめさせて頂きます。

またわからないことがあれば、サロンでお気軽にご質問くださいね。

遠藤 浩二

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31